しみやしわの原因を知って正しい対策を

なめらかな美しい肌でいたい人は少なくありませんが、しわやしみができる理由は何でしょうか。
紫外線による肌の老化が原因で、しみやしわができてしまうことが広く知られています。

紫外線を照射された皮膚は活性酸素が増加し、肌にダメージを与えてしまうので老化が進行します。
肌のしみやくすみの原因となるメラニン色素は、活性酸素の作用によってふえます。
しみやくすみなどのメラニン色素は、何事もなければ、ターンオーバーにより垢などの一部になります。
古い皮膚と新しい皮膚との交替が遅くなったり、メラニン色素がたくさん作られ過ぎると、しみがその場に留まります。

肌にしみをつくらないためには、紫外線ケアをきちんと行うことです。
皮膚に刻まれるしわは、浅いものと、深いものとがあります。浅いしわは、目尻に口元にできる表情じわです。
肌には、皮紋という細かな紋様ができており、これが規則正しく続いているうちは肌のキメは揃っています。
皮紋の深さに多少の差があるうちはいいですが、紫外線や年齢、
環境要因などで肌が乾燥しやすくなると、皮紋が乱れてしわができます。

紫外線が皮膚に届かないようにしたり、皮膚が乾燥しないように保湿を意識したスキンケアをすることが、
肌にとつては大切なことになります。
肌を乾燥から守るために洗顔後にはしっかり保湿をすねことや、
紫外線が皮膚に到達しないようにすることが、しみやしわ対策に有効です。

肌のターンオーバーを正常にしたい方は下のURLをクリック!
https://toukinosizuku.site