何気ない日常こそ幸せ

男の子2人を育てる専業主婦です。同い年の主人とは、結婚12年になります。独身時代は人並みに、仕事や趣味、恋愛を楽しみました。結婚後もしばらくは続けていた仕事も、上の子の妊娠を機に退職し、今日まで家事と子育てに邁進する毎日です。独身時代に専業主婦に抱いていたイメージ、はっきり言ってネガティブな事の方が多かったような気がします。家族と離れて自分自身の世界を持たず、旦那さんに食べさせてもらっている、そんなイメージです。専業主婦になり数年、実際はどうかと言うと。確かに、家族と離れて自分自身の世界を持たず、旦那さんに食べさせてもらう、それはそうなんです。そうなんですが、これが実は意外にも居心地が良いということです。毎日24時間、家や家族に係ることは休みなく続きます。専業主婦になって初めて分かる、目立たないけど手間のかかる家事もたくさんあります。ですが、これらを日々継続していくことは、そのまま家族ほ生活の充実度、幸福度に直結し、それが自分自身の幸せにも繋がっているんだと気付かされているのです。

トイレの修理でおすすめの業者