不倫してなくても慰謝料請求の危険はある

不倫したら慰謝料請求されるというのは普通のことですが、ダブル不倫の場合だと、不倫してないほうの配偶者も慰謝料請求の被害を受ける可能性があります。ダブル不倫だと、双方の夫婦のどちらかが不倫をしているという状態なので、どちらの家庭も壊れる可能性があり、泥沼化する可能性があります。

そこで問題になるのがダブル不倫で片方が離婚して、片方が離婚しなかった場合です。

ダブル不倫の場合は、不倫してない方の夫や妻が不倫している夫や妻に慰謝料請求することができます。

離婚しない場合には、不倫した側の配偶者にのみ慰謝料請求することができます。逆に離婚する側の方は不倫した側の配偶者と別れる夫や妻に慰謝料請求することができます。

この際に問題なるのが、離婚した側と離婚しない側では慰謝料の額に違いが生じるということです。

当然ですが離婚する側の方が慰謝料が高額になります。そのため離婚しない側の方が経済的な損失が強くなり、離婚しない夫婦は夫婦で慰謝料請求による経済的被害を受けることになります。

つまり浮気してない側の夫や妻も慰謝料請求による経済的被害を受けるということです。

不倫による慰謝料は程度によっても違ってきますが、数百万円くらいを普通に請求されるので経済的な負担は大きいです。

不倫慰謝料返済をやり方を徹底解説