准看護師とは

准看護師、今では少なくなってきているけれど、看護師とどこで線引きされているか気になります。

一言でいうと准看護師は医師、また看護師の指示のもとで診療の補助や入院患者のお世話をするのが仕事です。

具体的には入院患者の薬の管理、健康状態のチェック、診療の補助など看護師と比べると、比重は軽くなりますが、根本的な仕事は変わりません。

また、看護師は国家試験を受けて資格を取得するのに対して、准看護師は都道府県の知事が発行する免許となっているため、県外では従事ができません。

しかし、准看護師といってもやはり、医学的知識、技術、瞬時の判断の必要は求められます。

准看護師は看護師が3年以上の専門学校に対して、2年間の学びになります。
また准看護師が師長などの管理職につくことはできません。

もし、スキルアップを望むのであれば、准看護師として3年以上の経験があれば、2年生の看護学校に通うことで看護師の国家試験受験の資格が与えられます。

看護師 転職 口コミ