キャベツとレタスの役割分担

私の中でキャベツとレタスって見た目も似ているし、「同じ」といっても過言ではないという感覚でした。

でも、違うようです。

キャベツをレタスのように食べようとすると食べ辛さを感じました。

煮込み料理にレタスを使おうとすると役不足感が否めません。

もしかして世間的には別物認定なのかしらと今さらながら気が付きました。

レタスはサラダにすると生き生きとして食べ応えを感じます。

でもおかずとして主役級にはなれない存在。

キャベツは塩で揉めばそれだけでもご飯のお供としては不足がありません。

コンソメでスープ仕立てにすれば、ボリュームたっぷりです。

これをレタスで賄おうとすると、なんとも薄い存在感で残念無念。

トンカツの添え物としてもキャベツの方がしっくりきます。

コールスローを作るのにレタスではまったくダメ。

両方必要だけど、それぞれに向き不向きがあるんだなと。

そういえば、きゅうりとズッキーニも違うしなあ。

野菜の数だけ料理が豊かになるんだなと今さらながら学びました。

絹蜜 トライアルセット